0.15/1.5

イチテンゴのブログです。

陶成アートギャラリーでの「夏色うつわ展」が始まります。

梅雨で、むしむしする時期です。こんな季節にピッタリの企画展に参加させていただくことになりました。

f:id:ichitengo:20190705212056j:plain

夏色うつわ展 DMです

 

信楽のなかにある、「陶成アートギャラリー」で7月6日から30日まで開催される「夏のうつわ展」。青や藍色を使う作り手、3人の器が並びます。

で、今日、搬入と陳列に行ってきました。

f:id:ichitengo:20190705212215j:plain

なんとか雨は降らずに終了。お昼を食べそこなってしまったけど、土用餅を頂いて元気回復する。

 


私はこのために焚こうと窯の準備をし終えた時に、部品の破損が発覚し、驚愕の事態に!!!!こんな時はですね、体の細胞全部がビッッ!!となりますね。音も聞こえなくなります。


幸い、翌日、周りの皆さんのお蔭で修理ができ(教えてもらって、自分でやったのだった)、今朝、窯から出てきました。

 

少し、器の紹介です。

 

 

f:id:ichitengo:20190705212504j:plain

イカタコ円舞 大鉢

 

イカとタコをぐるっと描いたから「円舞」と名付けた。たまに、「ワルツ」と読ませるお店とかありますけど、「えんぶ」です。

 

f:id:ichitengo:20190705212836j:plain

よく見ると、、、、。タツノオトシゴが混じってます。

 

こちらは、こんなのもあります。

f:id:ichitengo:20190705212959j:plain

イカタコシリーズ。

 小さめの中鉢と、小皿もあります。小皿は「イカタコおどり」と名付けた。

 

 

ほかには、

f:id:ichitengo:20190705213224j:plain

キュウリ柄 鉢

分かりにくいけど、キュウリなのです。

 

お皿もあります。

f:id:ichitengo:20190705213324j:plain

キュウリ柄 皿

 

f:id:ichitengo:20190705213435j:plain

この柄でのポイントは花の下についているキュウリの赤ちゃんを結構描き込んだこと。キュウリ名人が作ったキュウリなので良く実がなるのだ、という想定です。

 

 

 他にも、

 

f:id:ichitengo:20190705213816j:plain

みかん畑のひととき

私は先月、夏ミカン畑で、ミカンをたくさん収穫できる、という幸運に恵まれました。あんなに夏ミカンをたくさん見たのは初めてで、丹精込めて育てられたみかんの木々。葉の色は緑が濃く、そこに実る、明るい黄色の大きい夏ミカンたち。すべての美しさがとても印象的でした。

その時の明るい気分と、のんびりした雰囲気のお皿を作りたくて、作りました。

 

 

今回のような企画展で扱っていただく器は、なんとなくまとまりがあるもの、季節感があるもの、がいいかな、と思って器を並べております。

 

 

でも、こんなのも混ぜてみたけど。

f:id:ichitengo:20190705215258j:plain

「吠えるトリオ」の皿



 

他のお二人の作品も今日拝見して、素敵やなー、いいなー、と思いながら作業をしてきました。信楽というのもあるかもしれないけど、陳列の雰囲気ってアットホームで楽しいです。今回も、お二人とも作品も、お名前は存じ上げているけれど、お会いするのは初めてでした。でも、皆さんのお人柄のお蔭で、楽しく時間が過ぎました。

並べ終わった感じも、とても良くて素敵な企画展になりそうです。

 

f:id:ichitengo:20190705214848j:plain

会場の様子。

    私は写真が下手だから、本当はもっといい雰囲気なのです。

 


企画展のほかにも、本当に様々な陶器が沢山あるギャラリーです。それと、今、信楽にはカフェも増えてきていて、チョット楽しくなってきています。

梅雨の不快な時期だけど、緑がきれいで、のんびりしている信楽にぜひいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆

 

最近、カラスが数羽、よく鳴くので、不吉、、、!?と思っていました。朝、5時くらいからギャーギャー鳴くし、数も多い感じ、、。早朝の布団の中で鳴き声を聞きながら、ふと思い当たることがあって検索してみたのです。

それは、、、。「カラスの巣立ち」。

結果は、ビンゴでした!

この時期、親に見守られながら、カラスの子供たちは巣から飛び立つ練習を始めるのだそうです。でも、子供の大きさはすでに大人サイズ。だけど、鳴き声や飛び方が下手くそ、らしいのです。

俄然、観察が楽しくなって、鳴き声が聞こえると、気になって外を見るようになりました。多分、あいつ子供や、、、。佇まいが、下手くそやっ!と見極めるようになりました。

全然不吉ではなかったみたい。ごめんよ、カラス。(ちなみにこの時期の親カラスは攻撃的なのであんまり近寄らない方がいいらしい。彼らは人の後頭部!を狙うらしい!!)

 

私、今回2つの事を学んだ気がします。一つはカラスの事。もう一つは、そのことの背景を知ることで、見方や感じ方が大きく変わるものなのだ、ってことです。

 

なんとなく得した気分でした。

 

6月22日から陶園での「お茶の器展」に参加します。

 

f:id:ichitengo:20190621233327j:plain

 

今日は、信楽にあるギャラリー陶園で6月22日から7月17日まで開催される「そろそろお茶にしませんか お茶の器展」の搬入に行ってきました。

 

10人の作り手による展示会です。


雨を避けてなんとなく同じ時間に搬入になった4人で、皆さんの器を一足お先に見せていただきました。

 

ほとんどが信楽に縁のある作家さんで、知っている方も多く「こんなの作ってるんやなぁ」と驚いたり、勉強になったりしました。これだけ様々な器を一度に見られるのは、陶園ならでは!だと思います。

 

陶園は、信楽の中でも昔からある有名なギャラリー&喫茶店

重鎮級の作家から、私みたいなペッとしたものまで幅広く取り扱ってくださる懐の深いお店です。

今回も「お茶」をコンセプトに様々な器が並んでいて「さすがやなぁ」と思いました。

 


それに、「そろそろお茶にしませんか」というのも、とっても好きな言葉です。

お茶の時間って、少し気持ちを緩めたり、気持ちを切り替えたり、、、。体にも心にも、もしかしたら自分だけではなくて、他の誰かにも、大切なひと時だと思います。(緩めないと、「許せない」とか、言いうみたいだし)

 

なので私は、お茶時間に流れる「ゆるやかさ」と、「誰かにお茶を誘う雰囲気」

がなんとなく出せるといいな、と思って今回の器を作りました。

 

で、 器のご紹介を、少しだけ。

 

 

◎ こちらはお茶を届けるシリーズです。イメージは「お茶をご用意いたしましたっ!」です。お饅頭が載るくらいの大きさ。

 

f:id:ichitengo:20190621233431j:plain

UFOからお茶セットが届くイメージ

 

 

f:id:ichitengo:20190622000655j:plain

水筒に入ったお茶を飲もうと言っているウサギをイメージ

 

 

f:id:ichitengo:20190622000603j:plain

ペンギンが友達のやかんを率いて、お茶を連れてきたイメージ

 

 

 

 

◎こちらは豆皿。

ちなみにイメージはNHKラジオの「音の風景」という番組を「お茶の風景」に置き換えたものです。あのナレーションが大切。(わかりにくいか、、、、、、)

 

 

f:id:ichitengo:20190621233707j:plain

目が疲れてきたので、お茶を飲むイメージ

 

 

f:id:ichitengo:20190621233552j:plain

 暑い時に麦茶とガリガリ君を食べるイメージ(青いのはガリガリ君のつもり)

 

 

 

f:id:ichitengo:20190621233607j:plain

ポットの横にあるのは茶筒のつもり

 

 他にも、マグカップやお湯のみがございます。大体お茶イメージしてる、つもりです。

(気が付けば、「つもり」がキーワードに、、。)

 

 お茶の器展は信楽町内の「ギャラリー陶園」にて6月22日から7月17日まで。

また、陶園近くのカフェあわいさ
陶成アートギャラリー
でも、イチテンゴの器を置かせていただいております。
是非、ご一緒にお立ち寄りください。
 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

☆★☆

今日は、搬入の後、1階の喫茶店でお茶をしながら閉店まで、4人でいろいろしゃべりました。まー、ほんとうに話題は多岐にわたり、何しゃべってたんだか!というほど。
まぁ、みなさんいろんな日常を送っていて、いろんなことがあります。また、BGMが昭和の我々にドストライクの松田聖子米米CLUBで花を添えてくれたし。すっごく楽しかった!

今日は私には本当に珍しく、たくさん人会って、たくさん話をしました。

こんな風に、あーおもしろかった!って、思えるって、とてもうれしいし、ありがたいし、幸せなことやな、と思います。楽しい搬入の空気は陶園に訪れる方にも多分、伝染する、と、思います☆

 

 

f:id:ichitengo:20190621233343j:plain

お茶を叫ぶトリの湯飲み。裏面はいろいろ吹き飛ばされています。

 

 

 

 

 

 

 

今日、大津西武、「彩 ころりす大津店」での販売が終了しました。

 

お手に取ってくださった皆様に心からお礼を申し上げます。

 

お客様の中には、待っていてくださった方も、初めましての方もいらっしゃいました。もうですね、本当にうれしかったです。

こちらのコロリスには、時々しか顔を出さないときも多かったので、こんなに、沢山のうれしい反響を頂戴出来て、驚きと、うれしいのと、ごった煮みたいになっていました。ありがとうございました!

今回は、私にとっても初めての8日間の販売(いつもは七日)。少し、疲れるかな?と思っていたけれど(ちょびっと疲れたけど)、だけど、最終日、帰るときの感想は自分でも意外な、「楽しかった!」でしたー。

 

まず、お客様もとても喜んでくださる皆様だったこと、そして、売り場がとっても、気持ちの善い皆様で、それが売り場の雰囲気になっていたから、です。良い雰囲気って疲労、飛ばしてくれます。

 

お客様の中にも「ここは、良い感じね」とお話しださった方もおられて、なぜか私は得意げに鼻を膨らませつつ「そうなのです!」と、言ってしまうほどなのです。ちゃんと仕事もするし、でも、私にもちょうどよく気を使ってくれたり。居心地が良かった!のです。

 

きっと、お客様が喜んでくださる雰囲気と、売り場の、みんなの一人一人の良さと、繋がってるのでないのかなと思ってます。


話は変わるけど、今回、大津で販売させていただく間、「ちょうどよい」という言葉が頭にペタっとくっついていました。

 

何でかと言うと、、。

初日に枕元で聞いたラジオで、、「この状況が、旦那や、家族や、すべてが私にちょうど良いのです」って言葉が流れてきたのですねぇ。その方は、大変困難な状況の方だったと思う。けど、そう、話された、、、との内容でした。


ぼんやり聴きながら、「ちょうどよい」って深くて、やさしくて、でも、とても難しい言葉、、だと感じました。そして、とても、素敵なことだなと思いました。

 

いま、販売の期間が終わって、お客様がちょうどよい時に、器を手に取ってくれたり、ちょうどよい時に、使ってもらえたり、ちょうどよく楽しんでもらえたら、
とってうれしいなと思います。無理した、気を使ったり、はゼロで。良い加減で、その方にちょうどよくお使い頂けると、どえらいうれしいことです。


こんごとも、皆様にちょうどよく、器とお付き合いいただけることを願っています。どうぞよろしくお願いいたします。


終わりになりますが、このたびご担当くださった方、売り場の皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

そして、元気を持ってきてくれたトモダチ!みっちゃん、ありがとう!E.T、効きました!

最後に、いつも背中を押してくれたり、引き留めてくれる、家族には心から感謝です。ありがとう。


さらに、今回は、私自身に、何がちょうどよく、そして、今がどれだけ、ちょうどよくてありがたいのか。普段は素通りなことを改めて見つめしたり、気づいたり、、反省したり、とても貴重な時間を頂戴出来ました。

大津西武で販売できて、本当に良かったです。ありがとうございました。

 

 

今後の予定です。

6月末ごろ、信楽の「陶園」でのグループ展に参加させていただきます。大津西武で絵付けした、器も、登場するかもです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

☆★☆

 

 

 

 

f:id:ichitengo:20190606235934j:plain

大吟醸 グラス

今回、「ころりす」で、このグラスを買いました。さっそく、菊水を頂きました。真ん中に突起があって、それがお酒の芳醇な香りを引き立てるのです!!!!薄いし、味、香りとも引き立つ。

大きさも、持ち心地もよいし、冷酒の季節にピッタリ。贈り物にも(私みたいに、自分へのご褒美にも)よいです大津西武5F「ころりす」で買えます。私はずっと欲しかったのだった。

 

 

更に!

ご褒美の肴!

f:id:ichitengo:20190607000400j:plain

スペシャル!

 

 いつも、横目でみつつ、開けるのを我慢していた、激励メッセージ付き缶つま。

今夜、開けました!これ、うんまい!ですぞ!ありがと。

 

6月6日、大津西武最終日です。

6月6日で、大津西武の販売は最終日を迎えます。
このブログを打っているのは6月5日です。明日で終わりです。
明日は、多分、少し早めに店じまいになる予定です。どうぞご了承ください。

 

 

 

 

**** ☆ ****


☆★
私は、売り場で、お客様、が器を見て、笑ってくれてたり、楽しんでもらえていると、「テへへ、、、」って感じで、どえらいうれしいです(地元の言葉で、とっても嬉しい)。
どこの販売先でも、いつもたくさん、どえらいうれしくさせていただいてます。ありがとうございます!です。

 

 

 

器を追加します。

今日、6月4日、器を追加します。

 

海のものもあります。

マグカップもあります。

f:id:ichitengo:20190604094533j:image


f:id:ichitengo:20190604094130j:image  こちらは潜水艦。イエローデメニギスサブマリン号。のマグ。

 

他にもあります。


f:id:ichitengo:20190604094927j:image

なんか写真の向きが変ですが、薄茶もあります。

 

大きいものもあります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

あじさいの器

このブログを書いているときは、まだ五月ですが、あと少しで6月になります。先月の今頃は、まだ平成だったのか。高速です。

今日は、あじさいの器をお店に持って行きました。

f:id:ichitengo:20190531233349j:plain

あじさいの器。

 

酸性と、アルカリと、二種類作りました。

 

店長さんのアイデアで、お皿の上にガラスの器を重ねたら、とってもきれいでした。

もし、私の器をお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひやってみてほしいです。ブルーや、グリーンが美しく映えます。

 

ま、悪いタコのとか、合わない器もあるだろうけど。

 

 

他にも、

f:id:ichitengo:20190531233950j:plain

アピールするウサギ①

 

 

f:id:ichitengo:20190531234030j:plain

アピールするるウサギ裏面

 

 

とか、

 

 

f:id:ichitengo:20190531234139j:plain

レモンスカッシュに合うカップ

 

 

f:id:ichitengo:20190531234244j:plain

レモンスカッシュに合うカップ 裏

等もあります。

 

 

6月6日まで。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

☆★☆

 

あじさいの器を作るきっかけは、先週の「マツコの知らない世界」を見て、もうすぐ、あじさいの季節や、きれいやな、と思ったからでした。

 

思ったよりも、淡く色が広がるきれいな器になりました。

あじさいの季節だけでなく、心に霧吹きで水をかけたい気分の時に使っていただくと、気持ちが、雨をうけたあじさいのように、本来のきれいな色と、明るさに変わる、なんてことがあったらうれしいな、と思います。

西武大津「彩 ころりす」での販売初日でした。

 

今日から西武大津「彩~ころりす~」での販売が始まりました。

f:id:ichitengo:20190531003614j:plain

陳列の様子



待ってくださった方がいらしてくれたり、、。本当にうれしかったです!!!!はじめて器を目にしてくださった皆様、初めまして。こんな奴が作っておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。皆様、本当に楽しそうに器と接してくださってとっても嬉しい一日でした。

 

 

f:id:ichitengo:20190531003801j:plain

おどる人その1

 

 

f:id:ichitengo:20190531003841j:plain

おどる人その2




ただいま西武大津店は夏の特別期間中です。私も少し参加させていただいており、税込み3240円以上お買い上げくださった方、先着30名様にイチテンゴの(変な)カード立てをプレゼントしております!

f:id:ichitengo:20190531004054j:plain

ご案内



ふわふわ、骸骨、あじさい等いろいろあります。

f:id:ichitengo:20190531004138j:plain

ふわふわの感じとあじさいの感じのカード立て


どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


そして今日は、西武大津店の紹介ブログ用の写真も撮ってくださいました。商品や売り場をとても大切にしてくださる気持ちが撮影の間に伝わって、とてもとてもうれしくてありがたかったです。


皆様のお蔭でよい初日にしていただきました。


ころりす大津店のご配慮で、私は少し早めに帰らせていただいております。それで、家で少し仕事もできるし、少しだけど会期中は品物を追加出来るといいな、と思っています。で、さっそく明日は、あじさいのお皿たちなどを持ってゆきます。帰ってきてから窯を出したり、掃除をしたので、明日写真をブログに載せたいな、と思います。
 
もし、ご興味がございましたら、連日になりますがブログをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:ichitengo:20190531003625j:plain

異次元へワープみたいなカップ

 

 

 


☆★☆


帰宅して、作業を終えて、ラジオを付けたら、ゴンチチの番組が始まっていました。


私は、カバー曲というのが、イマイチ好きになれません。原曲に引っ張られているようで、これって「立派なカラオケ」になっっとるやん。と思ってしまう、事が多いのです。

ところが。さっき聞いた、ゴンチチの番組で流れていた平井堅の「瞳を閉じて」のカバー曲がめっちゃ良くて、え?だれ?何?ん?ってよく聞いてたら、森進一さんでした。
小椋佳布施明シクラメンの花のような雰囲気に近いのかなぁ。中華そばと、とんこつラーメンみたいに、全然違うけど、どっちもおいしい!という感じ。

森進一って、冬のリビエラとか、もう素晴らしいし、歌も上手い!とはおもってました。が、引っ張られない強さというか、活かしながらも染まらないカバーができるって、本当にすごいことだと改めて思う。単に、リズム感、とか、声だけでない、歌唱力というものをしみじみ感じました。平井堅のもすごくいいし、ラジオ聞いて、とっても得した気分になりました。